タイヤの性能と寿命

タイヤは消耗品なので、走っているうちに摩耗していきます。
タイヤが磨耗すると性能にも影響してきますし、磨耗が進んだタイヤを使用し続けるのは危険ですので、定期的にチェックしましょう。

タイヤにはトレッドパターンと呼ばれる溝があります。これは特に排水性を保つために重要な部分です。夏タイヤの場合「スリップサイン」が出てくると磨耗限界となり、車検でも整整備不良とみなされます。

このスリップサインが出てくるのは残溝が1.6mmとなったときです。こうなったらタイヤを速やかに新品に交換することが必要です。

そうしないと、ハイドロブレーニング現象などの危険な状態になる場合があります。

ハイドロブレーニング現象とは、トレッドパターンによる排水ができずに、水の層にタイヤが乗ってしまうことによってタイヤが浮き上がり滑ってしまう現象で、クルマのコントロールができなくなってしまってとっても危険だよ!

溝が残っていてもタイヤの性能が落ちている場合も

新品タイヤに交換したときは、100kmくらいは慣らし走行をすることをおすすめします。

そこまではなるべく穏やかに走り、ホイールとの馴染みや表面の皮むきなどをすると安全であると同時にタイヤを長持ちさせることができます。

古いタイヤでも、あまりクルマに乗らない場合はタイヤのトレッドパターンが残っていることがあります。このケースではタイヤが劣化していることもあるため注意が必要です。

それはタイヤを見たときに、トレッド部やショルダー部にひび割れが起きていたりすることでわかります。タイヤはゴム製品ですから、経年劣化が起きますし、コンパウンドの硬化によってグリップの低下だけでなく、パンク、バーストにつながりますので5年程度経過したタイヤは使用限界と考えて交換することをお勧めします。

タイヤを良い状態にしておくには適度に走った方がいい

硬化させないという面では、あまり走行しないクルマに装着したタイヤよりも、適度に走行しているタイヤの方が柔軟性を保つことができますから、長持ちをさせるには急激に磨耗させるような激しい走りをしない程度に、適度にドライブをするのが良いでしょう。

厳密にいえば、タイヤが磨耗するということは単にタイヤパターンの溝が少なくなってくるということだけではなく、磨耗した分だけ外形が小さくなってきます。

路面と接触する面積がすくなくなるということになるので、現実には乾いた路面の日常走行なら性能の違いというのは感じることができませんが、例えば急ブレーキが必要な非常時にはそれが影響する場合もありますので注意が必要です。

タイヤの保管方法

タイヤは自分で交換する場合とショップなどで交換する場合がありますが、まず問題となるのが外したタイヤの移動と保管スペースです。

特にホイールがついたままだと、アルミホイールを履いていたとしてもかなり重いですし、それが4本となると移動するだけでも一苦労です。

タイヤは雨や直射日光が触れないところで保管する

クルマから外したタイヤは、なるべく屋内で保管するのが理想です。ガレージがあるならそこで保管しましょう。野ざらしで日光や雨に当ててしまうとタイヤの劣化を早めます。

タイヤに限りませんが、ゴム製品は「日光」「オゾン」「熱」「水」などに長時間さらされていると劣化が早まります。

日光に直接当てていると、オゾンラックというひび割れが生じてきます。

これが直接の原因でバーストしてしまうというよりは、このような状況ではゴムの劣化により、カーカス(コード)の強度、粘着力が弱まっているということなので、そのタイヤの使用は避けた方が良いです。

タイヤ専門店などでは有料でタイヤを保管している場合がありますから、そういったシステムを利用するのも1つの選択肢です。

タイヤは下にダンボールなどを敷いて横重ねして保存

自分でタイヤを保管するときに心がけたいポイントの1つは、まずタイヤにチョークなどでもともとの接着位置を記入しておくことです。タイヤは各輪で磨耗の仕方が若干でも違う場合があるので、元の状態にするには元の位置に戻すというのが基本です。

また、駆動輪はどうしても磨耗が多くなりますので、それで目立つようならタイヤローテーションの必要があり、そのときにも目印となり便利です

タイヤローテーションとは、大体5000キロ走行ごとを目安に前輪と後輪を交換していく方法だよ。FF車は前輪の負担が大きく磨耗しやすいためFR車より早く行うのがポイントです。

ホイール付きのタイヤを保管する場合には、変形を避けるために横に重ねて置くのが基本になります。下に、ダンボールやスノコを置いてタイヤを重ねるとタイヤの薬品よる色うつりを防ぐことができます

縦に並べてしまうと、タイヤが変形する可能性があるのであまりお勧めできません。