スロットルバルブのメンテナンス

スロットルバルブとは、アクセルペダルと連動して、エンジン内に取り入れる空気の量をコントロールする装置です!
ブローバイガスでカーボンが付着し、汚れが蓄積する部分でもあるため、メンテナンスの必要があります

 

 スロットルバルブにはエンジンから排出したブローバイガスが回ってきます。これはHC(炭化水素)が主な成分で、そのために循環経路周辺にカーボンが付着します

 電気制御式のスロットバルブの場合、汚れてもコンピューターが自動学習してしまうので、調子の変化に気づかず「こんなものだろう」と思って放っておいてしまいがちになり、知らず知らずのうちにドライバビリティが悪くなっていたということになります。また、カーボンによってアイドリング不調などということも起こる可能性があります。

 ここを清掃するには、市販のケミカル剤を使用するのが一般的です。スロットルボディを取り外して行えばより完璧になりますが、手間もかかりますし、ある程度の知識、技術も必要になりますから、取り付けたまま清掃するかプロにまかせた方が良いでしょう

エアフローメータも清掃することで性能が回復する場合もある

 現在のエアフローメーターはホットワイヤー式と呼ばれるものがメインですが、ここもカーボンで汚れる部分です。ホットワイヤーは熱線風速計の原理を応用したもので、原則と流量を計測しています。ここが汚れると、適正な燃料噴射が行われない可能性が出てきます。これ自体も専用のクリーナーがありますので洗浄することができます。

エアクリーナーのメンテナンスと交換

エアクリーナーはエンジンに空気を取り入れる際の入り口で
ホコリやゴミなどの余計なものを取り除くために必要ですが
交換で吸気効率を高めることにもつながります。

 空気をたくさんシリンダー内に送り込むことは「良い燃焼」の基本となります。空気の重点効率が高まれば、混合気の圧縮も強くなりますし、タイミングよく点火すれば強力なパワーの源となります。

エンジン内が痛むことを無視すれば、エアクリーナーはなくてもいい

 ところでエアクリーナーを単なる空気の取り入れ口だと考えれば邪魔なものとなります。なぜなら、吸気抵抗となるからです。現にレーシングカー(フォーミュラーカーなど)ではエアクリーナーを取り去り、エアファンネルというラッパ状のパーツに変えてしまうこともあります。

 ただしこれはホコリなども直接吸い込んでしまいますから、エンジン内に傷がつく可能性もあります。レースでは、1レースでエンジンオーバーホールということもあるため、こういうパーツの交換が可能という面もあるのです。

 一般的には、エアクリーナーは定期交換が必要なパーツとなります。使用環境によりますが、最低でも車検ごとに交換するのがいいでしょう。また、乾式のエアクリーナーであればある程度清掃することも可能です。さらに吸気効率を上げたい場合には、スポーツエアクリーナーがあります。これは純正形状で、エアクリーナーごと交換するだけである程度は吸気効率があがります。本格的に吸気効率を上げようと思えば、キノコ型などをしたエアクリーナーに交換するという手段があります。

キノコ型エアクリーナーは吸気効率は高いが取付に工夫が必要

 これはエアクリーナーケースがなくなり、エンジンルーム内にむき出しになってしまいます。エンジンルームの熱を吸うと、かえって吸気の密度が薄くなってしまいますから、それを防ぐためにバルクヘッドを設けるなどの工夫が必要になってきます。

 また、吸気が大幅に増えると燃料噴射との関係が出てきます。増えた吸気にECU(エレクトロニック・コントロール・ユニット)が対応すればいいのですが、そうでないと燃調がくるってしまいます。対策としてはECUのロムチューニング(ECU内のプログラムを吸気量の増加などに応じて書き換えること)などが必要になってくる場合がありますから、闇雲にエアクリーナーを効率的にするには熟考が必要です。

マフラーのメンテナンスと交換

 マフラーは重要なパーツですが、じつは特別なメンテナンス法はないといえます。1つ問題になるのが排気漏れです。経年劣化でマフラーに穴が空くことがありますが、これは排気ガス中の一酸化炭素が排気口に至る前に排出されてしまうということもであり、もし室内に入ってきたりすると、一酸化炭素中毒ということもありますので大変危険です

純正マフラーでも排気漏れでは車検に通らない

 もちろん、こうなると車検には通りません。排気漏れをした車両は排気音量も大きくなるので、これも車検不合格の原因となります。排気漏れは軽微なものならば専用のガンガムパテで埋めることが可能ですが、修復不能な場合は、マフラーごと交換する必要があります。

 マフラー交換は、比較的手軽なチューニングとしてよく行われます。スポーツマフラーといったものが車種別にたくさん販売されています。排気口の太さや音量といった「カッコよさ」を求めて行われることもありますが、基本的には排気効率のアップを目指したいものです。マフラーを交換する際には、車検対応のスポーティなものを装着するのが良いでしょう。

触媒は不可欠だが吸気抵抗となるため、スポーツ触媒も選択肢になる

 マフラーとともに市販車に欠かせないものが触媒です。三元触媒は排気ガスを酸化・還元して浄化するものですから、市販車には絶対必要なパーツですが、じつは排気効率を考えると邪魔もの?になってしまいます。

 積極的に勧めるものではありませんが、これもスポーツ触媒といって、触媒の機能を持たせながら排気抵抗を減らしたパーツも市販されています。また、本格的に排気効率のアップを目指すには、排気干渉をしないようにしたエキゾーストマニホールド(通称タコ足)への交換があります。

 忘れてはいけないのがマフラーの音量です。車検には音量規制があり、総重量1.7t以下では97dB(デシベル)以下でないと車検に通りません。この値を超えると車検に通らないのはもちろん、周囲には騒音となり非常に迷惑です。一般走行中心ならばできるだけ静かなものが好ましいでしょう。